横浜捺染(なっせん)トートバッグの再販はいつ?販売店や通販での購入方法を調査! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
横浜捺染トートバッグが在庫切れになている説明

どーも、なおちょです!

オリンピック2020の開催が東京に決まり、続々と関連グッズが販売されていますね!

まだ2年も先の話なのにもうここまでグッズの販売が始まるとは思っていなかったので驚きです。

先日、東京オリンピック公式キャラクターとしてミライトワが、パラリンピックの公式キャラクターとしてソメイティが発表され、更に東京オリンピック熱が高まったのではないでしょうか?

そんな中すでに売り切れ・品切れにより販売が中止されているオリンピックグッズがあるんです!

それが、横浜捺染(なっせん)トートバッグです!

トートバッグって実用性も高いですし、東京オリンピックが始まったときに応援グッズを入れたりもできるので重宝しそうですよね!

今回はこの横浜捺染(なっせん)トートバッグの、

  • 再販時期
  • 販売店や通販での購入方法

について、調査していきます!

 

スポンサーリンク

横浜捺染(なっせん)トートバッグの再販はいつ?

横浜捺染(なっせん)トートバッグは今現在、在庫切れとなっています。

東京オリンピックのオフィシャルオンラインショップの公式HPで発表されています。(8月6日現在)

横浜捺染トートバッグが在庫切れになている説明

人気な理由も分かりますね。可愛くもあり、おしゃれですよね!

青色が実に横浜らしい色だと思います。

横浜ベイスターズも青を基調としたユニフォームやグッズを販売しています。

実は僕、横浜在住なんです!

だから、この色は本当に横浜の名前がしっくりくる色だと思いますね!

 

気になるのはこのバッグの再販はいつになるのかというところです。

横浜捺染は非常に工程が多い染め物で作成に非常に時間がかかります。

手ぬぐいなどならまだしも、トートバッグとなるとかなりの時間が…。

大掛かりなものだと作成に1ヶ月以上かかるなんて話もありました。

東京オリンピック仕様の横浜捺染トートバッグは全国から需要があります。

それを考えると相当な数を作らなければなりません。

再販までは少なくとも3ヶ月ほどかかると予想します!

再販時期は11月になると思われます!

スポンサーリンク

横浜捺染トートバッグの販売店や通販での購入方法を調査!

横浜捺染のトートバッグが再販されたらどこで購入出来るのでしょうか?

「横浜捺染トートバッグ」で検索すると、東京2020 オフィシャルオンラインショップが出てきます。

オリンピックグッズ関係の情報を調査しましたが、横浜捺染トートバッグの取扱があると明記しているショップは見つかりませんでした。

⇛ ショップ情報はコチラ

オフィシャルオンラインショップでの通販で購入するしか方法はありません。

こまめにオフィシャルオンラインショップをチェックするしかありませんね汗

オフィシャルオンラインショプをチェックする!

オフィシャルオンラインショップでは

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 性別
  • 支払い方法(カード決済・銀行振込・代金引換)

を登録して購入することが出来ます!

会員登録すれば次から個人情報を入力せずに購入することが出来ます!

東京オリンピックグッズを沢山欲しい!という方は会員登録したほうがいいですよ!

横浜捺染(なっせん)とは?

そもそも「横浜捺染」とは何でしょうか?

横浜に住んでいながらどういったものなのか、全く知りませんでした…。

知らないのに横浜らしい色とか言ってすみません汗

1859年に横浜港が開港すると、横浜には国内外からたくさんの技術者たちが集まり、気象条件、水質資源にも恵まれ、海外の知識と日本の伝統技法が融合された捺染技術が確立されていきました。
横浜捺染の染め技法は、捺染型を製作し、その捺染型に糊を混ぜ合わせた染料を流し込むことで、染め上げていきます。糸の繊維に染料を固着させ綺麗に発色するために高温の蒸気で反物を蒸す、染め段階で使用した糊を落とし時間調整しながら高温で水洗いする、等、いくつもの工程を経て、細かい柄や独特の色合いを表現していきます。染めに必要な捺染型は、かつては彫師が製作していましたが、現在はデザイン段階でできた図案から忠実にトレースしたフィルムに感光してゆく「写真製版手法」が採用されています。

引用:https://tokyo2020shop.jp/user_data/japan_premium.php

捺染型と呼ばれる型を作り模様を作っていきます。

次に「調色」です。

繊維の種類や図柄の色調に合わせて調色し、染料を作ります。

そして布に色を付ける「捺染」。

その日の温度や湿度で微妙に染料の量を調節する必要あがあります。

また、均一に布似色をつけるのは非常に難しく、かなりの経験と技術が必要になります。

布につけた色を固着する「蒸し」。

糸生繊維に染料を固着させ、きれいに発色させるために高温の蒸気で蒸します。

仕上げの「水洗」。

染め段階で使った糊を落とし、独自の風合いをだすために細かな時間調整をしながら高温で洗う水洗工程。
現在は専用の水洗機を使いますが、かつては横浜を流れる大岡川や帷子川などで洗っていました。

 

これらの工程を経て、やっと横浜捺染が出来上がります。

横浜捺染トートバッグを作成する上で、すべては手作業ではないとは思いますが、作成似時間がかかることは良く分かりますね。

ここまで手がかかる横浜捺染のトートバッグが5,724円で購入出来るなら安いですよね!

まとめ

今回は横浜捺染(なっせん)トートバッグの、

  • 再販時期
  • 販売店や通販での購入方法

について、調査しました!

横浜捺染トートバッグの再販時期は11月頃になると予想されます。

購入方法については、取扱がある販売店の情報はなく、オフィシャルオンラインショプによるネット通販のみでの販売になっているようです。

横浜に住みながらも横浜捺染というものを初めて聞きました。

横浜捺染の製造工程も紹介しましたが、この工程を知った上でトートバッグの5,724円というのはスゴく安いと感じましたね!

僕も欲しいです!横浜捺染トートバッグ!

再販されるのが楽しみですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*