【アニメ】さくらももこ死去でアニメ・マンガ「ちびまる子ちゃん」終了?後釜番組を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、なおちょです。

悲しいニュースが入ってきました。

ちびまる子ちゃんで有名な漫画家・さくらももこさんが15日、乳がんのために亡くなっていたことが明らかになりました。享年53歳とのこと。

若すぎる死に多くのファンが驚きを隠せません。

私も幼少期から見ていた作品ですし、今も子供が夕方見ているのを目にしていました。

1984年から活動を開始し、2018年まで愛され続けてきたちびまる子ちゃん。

ちびまる子ちゃんのアニメや漫画は終了してしまうのでしょうか?

今回は、

  • アニメ・マンガのちびまる子ちゃんが終了してしまうのか?
  • アニメ「ちびまる子ちゃん」の後釜番組は?

について、調査しました。

スポンサーリンク

アニメ・マンガのちびまる子ちゃんは終了?

まさか、さくらももこさんが53歳の若さで亡くなるとは誰しもが予想していなかったと思います。

さくらももこさん自身の少女時代をモデルとした代表作の「ちびまる子ちゃん」。

アニメもマンガも大人気の作品です。

作者であるさくらももこさんが亡くなったことで、「ちびまる子ちゃん」は終了してしまうのでしょうか?

ちびまる子ちゃんの公式HPを隅々まで見てみると

「ちびまる子ちゃん」の原作者であり、幅広い執筆活動の他、多方面でご活躍されました、さくらももこさんが2018年8月15日ご逝去されました。
生前のご貢献に深く感謝申し上げるとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

2018年8月27日
日本アニメーション株式会社

引用:http://chibimaru.tv/news/entry/2018/005872.html

「お知らせ」にこのコメントがありました。

『「ちびまる子ちゃん」の原作者であり』というコメントを見ると、さくらももこさんは「原作者」という扱いで、他のアシスタント方で続けていくような印象を受けます。

マンガは全16巻ですでに完結していました。

スポンサーリンク

アニメ「ちびまる子ちゃん」の後釜番組は?

ちびまる子ちゃんの公式HPには「いつの放送が最終回」とか、「放送が終了します」といったコメントは一切出ていません。

おそらく、アシスタントの方などでマンガ・アニメを手掛け、このまま継続していくものだと思われます。

また、原作マンガの話をアニメーション放送していない作品もありそうなので、しばらくは放送されると考えられますね。

一方で、上にも書きましたがちびまる子ちゃんは「さくらももこさんの少女時代をモデルとした作品」です。

当事者のさくらももこさんが亡くなった今、さくらももこさんの少女時代を知る人はご両親や兄弟、友人のみです。

いつかちびまる子ちゃんの最終回が来るのかもしれませんが、さくらももこさんが亡くなったことにより、最終回は早まったとおもいます。

FODでちびまる子ちゃん特集が放送される可能性がある?

さくらももこさんが亡くなったことで、FOD(フジテレビオンデマンド)で「ちびまる子ちゃん」の特集を放送される可能性があります。

現在FODで放送されているちびまる子ちゃんは

  • スペシャルドラマ ちびまる子ちゃん
  • 映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年

の2作です。

FODは今だけ、1か月無料キャンペーンをやっていて、無料でいろいろな動画を見ることができます。

また一部の作品はポイントが必要になるのですが、1か月無料キャンペーン中でも最大1300ポイントが無料でもらえます。

このポイントを使って上記2つの作品を無料で見ることができます。(各400ポイント)

ぜひ、この機会に無料でちびまる子ちゃんを楽しんで下さい。

今すぐFODでちびまる子ちゃんを無料で見る!

まとめ

今回は、

  • アニメ・マンガのちびまる子ちゃんが終了してしまうのか?
  • アニメ「ちびまる子ちゃん」の後釜番組は?

について、調査しました。

ちびまる子ちゃんの公式HPでも、放送が終了するような発信はなかったことから日ひとまず、放送は終了しないと思われます。

後釜番組についても今のところ情報は出ていませんでした。

さくらももこさんの突然の訃報。本当に驚きました。

悲しいお知らせではありますが、今までお疲れさまでした。

何度ちびまる子ちゃんに笑わせてもらったか分かりません。

FODでちびまる子ちゃん特集をやる可能性があります。

今だけ1ヶ月無料のFODでちびまる子ちゃんを楽しんでください!

今すぐFODでちびまる子ちゃんを無料で見る!

未だにさくらももこさんが亡くなったことが信じられません。

心より、ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*