ジャパンビバレッジの支店長の有休クイズ(有休チャンス)の問題内容は?超難問でビビる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、なおちょです。

ジャパンビバレッジの支店長が従業員が有休を取得するためにはクイズに全問正解しなければならないという、意味不明な制度を勝手に導入し、従業員に実施していたという信じられないニュースが入ってきました。

本当に馬鹿げてる。

雰囲気的に有休が取れないとかは聞いた事ありますけでど、クイズに正解出来ないから有休取れないとか聞いたこともありませんし、あってはならない以前に、あるわけがありませんよね!

しかも、その問題が超難問と話題になっています。

今回は、ジャパンビバレッジの支店長が有休クイズ(有休チャンス)と題してどんな問題を従業員に出していたのかを調査しました!

スポンサーリンク

ジャパンビバレッジの支店長が出題していた有休クイズ(有休チャンス)の問題内容は?

従業員の方が有休を取得するために出題されていた問題は一体どんな問題内容だったのでしょうか?

情報を調査したので見てみましょう!


問題内容は

「以下の駅で売上が高い順に並び替えてください。」という問題。

山手線の駅名と思われる駅が15駅も列挙されており、それを売上が高い順に並び替えろと…。

4,5個の駅名ならまだしも、15個を一つも間違いなく並べ替えるのは超難問。

今までの問題で15個の何かを並び替える問題ありました?

しかも、正解出来なかったときの罰則が度が過ぎています。

  • 有給取得できない
  • 不正回答は永久対付
  • まずは降格

カイジの世界じゃないんだから。

数学で並び替えが何通りあるか?みたいな問題はあったかもしれませんが、社会人になって有休をかけてこんな問題に回答しないといけないなんて思いませんよね…。

誰も正解が出来なかったことに「よかった、よかった」とのコメントまで。

このメールを送りつけられてきた従業員の方はどんな気持ちだったことか…。

ジャパンビバレッジの支店長が出した有休クイズ(有休チャンス)への世間の反応は?


支店長がよく務まりますよね。

自分がこの支店長の下で働いていたと思うと、寒気がします。

従業員の方々は本当に大変だと思います。

ここまでの証拠が揃っているのに事件として取り扱ってもらえないのも、もどかしいですね。

まとめ

今回は、ジャパンビバレッジの支店長が有休クイズ(有休チャンス)と題してどんな問題を従業員に出していたのかを調査しました!

本当に信じられませんし、従業員の方々の気持ちを思うと心が痛みます。

家族があるという人もいたと思います。

仕事は大事です。

しかし、自分の命や家族を犠牲にしてまで働きたいとは思いませんよね。

ジャパンビバレッジにはこの問題に向き合い、支店長への処分を実行してほしいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*