【2018-2019】高校ラグビー花園の出場校組み合わせ一覧!優勝候補も予想してみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、なおちょです。

今年も全国高校ラグビー大会の季節がやってきました。

今年も強豪揃いの見応えある試合がいくつもありそうな予感。

今回はどんな出場校の組み合わせになるのか気になったので調べて記事にしました。

また、強豪校ばかりですがこの中から2018年度の優勝校を大胆予想していきます!

スポンサーリンク

【2018-2019】高校ラグビー花園の出場校組み合わせ一覧

それでは早速、2018年から2019年にかけて開催される高校ラグビー花園の出場校組み合わせを見てみましょう!

全国高校ラグビー花園の大会は

2018年12月27日(木)・28日(金)・30日(日)

2019年1月1日(火)・3日(木)・5日(土)・7日(月)

の全7日間。

大会日程・対戦組み合わせは次の通り。

※未定部分は結果が出次第、更新していきます。(2018年12月20日時点)

2018年12月27日(木) 1回戦

第1グラウンド

土佐塾(高知)-青森北(青森)【12:30開始】

新田(愛媛)-山形中央(山形)【13:50開始】

第2グラウンド

玉島(岡山)-旭川龍谷(北北海道)【12:00開始】

熊本西(熊本)-札幌山の手(南北海道)【13:20開始】

鹿児島実(鹿児島)-魚津工(富山)【14:40開始】

第3グラウンド

和歌山工(和歌山)-岡谷工(長野)【12:00開始】

大津緑洋(山口)-新潟工(新潟)【13:20開始】

京都成章(京都)-仙台育英(宮城)【14:40開始】

2018年12月28日(金) 1回戦

第1グラウンド

名護(沖縄)-早稲田実(東京第1)【11:15開始】

大分舞鶴(大分)-深谷(埼玉)【12:35開始】

石見智翠館(島根)-秋田中央(秋田)【13:55開始】

第2グラウンド

尾道(広島)-本郷(東京第2)【10:00開始】

米子工(鳥取)-桐生第一(群馬)【11:20開始】

高鍋(宮崎)-静岡聖光学院(静岡)【12:40開始】

城東(徳島)-聖光学院(福島)【14:00開始】

第3グラウンド

大阪朝鮮高(大阪第2)-日川(山梨)【10:00開始】

若狭東(福井)-国学院栃木(栃木)【11:20開始】

八幡工(滋賀)-朝明(三重)【12:40開始】

高松北(香川)-関商工(岐阜)【14:00開始】

2018年12月30日(日) 2回戦

第1グラウンド

未定-東福岡(福岡)【9:30開始】

未定-未定【10:45開始】

未定-日本航空石川(石川)【12:00開始】

報徳学園(兵庫)-未定【13:15開始】

未定-黒沢尻工(岩手)【14:30開始】

第2グラウンド

未定-茗溪学園(茨城)【9:30開始】

長崎北陽台(長崎)-未定【10:45開始】

未定-中部大春日丘(愛知)【12:00開始】

未定-未定【13:15開始】

大阪桐蔭(大阪第1)-未定【14:30開始】

第3グラウンド

常翔学園(大阪第3)-未定【9:00開始】

未定-未定【10:15開始】

桐蔭学園(神奈川)-未定【11:30開始】

未定-流通経済大柏(千葉)【12:45開始】

佐賀工(佐賀)-未定【14:00開始】

天理(奈良)-未定【15:15開始】

2019年1月1日(火) 3回戦

第1グラウンド

未定ー未定【10:30開始】

未定-未定【11:55開始】

未定ー未定【13:20開始】

未定ー未定【14:45開始】

第3グラウンド

未定ー未定【10:30開始】

未定-未定【11:55開始】

未定ー未定【13:20開始】

未定ー未定【14:45開始】

2019年1月3日(木) 準々決勝

第1グラウンド

未定ー未定【10:30開始】

未定-未定【11:55開始】

未定ー未定【13:20開始】

未定ー未定【14:45開始】

2019年1月5日(土) 準決勝

第1グラウンド

未定-未定【12:45開始】

未定-未定【14:30開始】

2019年1月7日(月) 決勝

未定-未定【14:00開始】

 

僕が個人的に興味がある高校は大分舞鶴高校と静岡聖光学院、大阪朝鮮高校です

大分舞鶴高校はなんと今年の出場で33年連続57回目の出場。全国高校ラグビー選手権大会の常連中の常連校です。

これまでの戦績は80勝53敗2分。勝利数が圧倒的ですよね。

静岡聖光学院は全国高校ラグビー選手権の優勝経験はないものの、2009年に初めて花園出場、14、15年には初戦を突破しています。練習時間が短く、「量より質」の練習を目指しているということで有名です。

部活動の時間は静岡聖光学院のホームページで公表されていて、活動日は火・木・土の放課後(平日の活動時間は2月~10月 90分・11月~1月 60分)、日曜日は時期によって実施(試合、練習、OFFのいずれか)

かなり練習時間が短いですよね。

僕が中学・高校のときの部活動の時間は2~3時間で、週に4日間くらいはあったと思うんですよね。

文武両道の考えで、ラグビー部のホームページにはこんなことも書いてありました↓

部活以外の日は委員会活動や学習、ゼミ活動などの時間に充てられています。
練習は他校に比べれば、半分以下の練習量ですが他校より、倍以上の集中力と工夫を持って活動しています。
また、ラグビー以外にも学校生活で培ったさまざまな経験が人間力を高めることにつながり、ラグビーにおいてもプラスになると思っています。
高校では週末やGWなどの休暇期間には英検合宿(学習と練習)などの勉強合宿を行い、真の文武両道を目指しています。

引用:https://seiko-rugby.com/free/activities

「真の文武両道」かっこいいですね。

休暇期間にはラグビー部で英検合宿も実施されているということで、ラグビーだけではなく勉強もチームメイトと一緒にやることでチームワークが強化されそうですね!

大阪朝鮮高校は何が気になるって、学校の名前!

「大阪朝鮮」ってどゆこと?と思い調べてみると、正式名称が「大阪朝鮮高級学校」。

朝鮮学校が何なのか調べてみると、

朝鮮学校(ちょうせんがっこう、조선학교)(우리 학교)、とは、朝鮮民主主義人民共和国を支持する在日朝鮮人組織である朝鮮総連の指導の元で運営されている各種学校[1]。日本の学校教育法上、非一条校に分類される[1]。日本政府から補助金が支給される一条校の外国人学校 として認可され、大韓民国を支持する在日韓国人・韓国人が通う韓国学校とは異なる[2][3]

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%AD%A6%E6%A0%A1

在日朝鮮人の方のための高校ですね。

「高級学校」では日本の「高等学校」に相当する教育を行っているとのことです。

大阪朝鮮高校では主に大阪・奈良・和歌山在住の生徒を受け入れています。

大阪以外には神戸朝鮮高級学校のみがあります。

スポンサーリンク

【2018-2019】高校ラグビー花園の優勝候補はここだ!

2018年の開催で98回目となる全国高校ラグビー花園大会。

歴代の優勝校を見ても、”常勝”のような高校はなく、様々な高校が優勝してきています。

2017年は東海大仰星が優勝していますが、2018年の花園には名前がありません…。

2016年は東福岡が優勝しています。

2018年度の高校ラグビー花園大会の優勝候補についてネットでの予想を見てみると、

大阪桐蔭ではなく神奈川の桐蔭学園が優勝候補として有力のようですね。

というのも桐蔭学園はこれまでに5回決勝戦に進出するも、勝ち越しでの優勝の経験がないんです。

第90回(平成22年度)には東福岡と決勝戦でと同点となり、両校が優勝となりました。他4回は全て負け越しています。

期待の意味を込めてのネットの反応かもしれませんね。

まとめ

今回はどんな出場校の組み合わせになるのか気になったので調べて記事にしました。

また、強豪校ばかりですがこの中から2018年度の優勝校をについても予想しました。

出場校の組み合わせは12月30日の2回戦、シード校までは組み合わせが発表されています。

そして、2018年度の高校ラグビー花園大会の優勝候補は神奈川の桐蔭学園!

これまでに5回、決勝戦に進出するも、勝ち越しでの優勝は0。同点で両校優勝とされた平成22年度第90回の高校ラグビー全国大会の1度だけです。

優勝候補とされているのはもちろん強いからというのもありますが、そろそろ優勝してくれというファンの気持もありそうですね笑

大会が始まり、結果が出次第更新していきますので、たまにチェックしてみて下さいね♪

最後まで読んでいただき、有難うございました!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*