桃田賢斗の彼女は福島由紀?付き合ってる可能性があるのか調査!なぜ同室にいた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、なおちょです。

バドミントンの桃田賢斗選手がまたしてもニュースで報道されましたね。

2018年5月の味の素ナショナルトレーニングセンターの合宿中、女子ダブルス世界ランキング1位の福島由紀選手がドーピングの抜き打ち検査時に自室ではなく桃田選手の部屋にいたとのことです。

なぜ、桃田選手の部屋に福島選手はいたのでしょうか?

ということで今回は、

  • 桃田選手と福島選手は付き合っているのか?
  • 桃田選手と福島選手は同室でなにをしていたのか?

について調査していきます!

スポンサーリンク

桃田賢斗の彼女は福島由紀?付きっているの?

ニュースでは交際関係あがあるのかどうかについては一切触れていないんです。

ここも逆に気になりますよね。

同室にいた事に対し、交際関係があるのかないのか気にならないのでしょうか?

それともスポーツ選手としてそういったことには触れてはいけないのでしょうか?

この二人の交際関係については明確に「交際している」という情報は出てきませんでした…。

ニュースでも桃田選手のコメントは、

「お騒がせして本当に申し訳ないと思っています。自分の軽率な行動によって、周りの方にまた迷惑をかけてしまったことを反省して、生活、行動に気をつけていきたい」と謝罪した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000002-sph-spo

福島選手のと交際関係があるような発言ではありませんよね。

これもこれで逆に問題になりそうな…。

スポンサーリンク

桃田賢斗と福島由紀は同室で何をしていた?

一体桃田選手の部屋で、福島選手は何をしていたのでしょうか?

ニュースから得られる情報で気になったのがドーピングの抜き打ち検査をしたのが「早朝」だったということ。

この表現は桃田選手の部屋で一泊したことを連想させますよね。

この表現もあり、ネットでは様々な声が挙がっています。

ネットの声でもあるようなことを考えてしまいますよね…。

あとは報道の表現の仕方、タイミングも確かに意図的なものを感じますね。

5月の話がなぜ10月になって出てくるのか?

一晩を共にしていたのなら…そういうことなんでしょう。

桃田賢斗と福島由紀のニュースの概要

バドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(24=NTT東日本)が13日、欧州遠征へ向かう成田空港で取材に応じ、女子選手との関係を報じられたことについて「お騒がせして申し訳ないです」と謝罪した。

今年5月の日本代表合宿時に、女子ダブルス世界ランキング1位の福島由紀(25=岐阜トリッキーパンダース)が早朝のドーピング検査時に自室に不在。その時に桃田の部屋にいることが判明し、両選手が注意を受けていた。この日は5月に注意を受けたことをあらためて認め「お騒がせして申し訳ないです。軽率な行動で周りの方にまた迷惑をかけてしまった。反省して、生活行動に気をつけていきたいです。自分が表現できるのはそこ(プレー)でしかない。プレーで示していきたい」と真剣な表情で話した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00360532-nksports-spo

桃田選手と福島選手の年齢が近いということもあり、親近感はあったと思います。

早朝に同室で過ごすまでの関係であるのに交際関係については一切触れていないのは気になえりますね。

これで付き合っていないということの方がまた炎上しそうです…。

まとめ

今回は、

  • 桃田選手と福島選手は付き合っているのか?
  • 桃田選手と福島選手は同室でなにをしていたのか?

について調査しました。

POINT
  • 桃田選手と福島選手の交際関係についての情報はない
  • ドーピングの検査の早朝に福島選手は桃田選手の部屋にいた
  • 早朝にいたということを聞くと、お泊りしていたと予想される
  • お泊りしているのなら、夜の営みはあったと思われ、ネットでもそのような声が多い

桃田選手と福島選手は注意を受け、厳しい処分にはならなかったようですね。

二人とも日本のバドミントン界を担う大きな存在です。

桃田選手について言えば、賭博の問題でも話題になっていることから、また何か騒ぎを起こしたらどういう処分になるかわかりません。

しかし、恋愛するもしないも自由です。

もし、桃田選手と福島選手が付き合っているのであれば、幸せな関係になってほしいですね。

最後まで読んでいただき、有難う御座いました!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*