日大の応援リーダー部(チア部)のパワハラ女性監督はの名前・顔写真は?出身高校・大学や経歴も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
検索したときに日大応援リーダー部の大野美幸が出てくる

どーも、なおちょです。

アメフト事件に続き、またしてもパワハラが原因の問題が日大で起きました。

今度は日本大応援リーダー部(競技チアリーディング)の女性監督が女子分にパワハラをしたとのことです。

なんと部員は精神的に追い詰められ、適応障害になるまでに…。

よっぽどパワハラですよね。

これから社会にでて活躍刷るであろう人材であったろうに。

アメフト部のパワハラ問題の前例が合ったにもかかわらず、なぜこのような事態になったのか理解出来ません。

今回は日大チア部の女性監督の

  • 名前・顔写真
  • 出身高校・大学
  • 経歴

について調査しました!

スポンサーリンク

日大チア部のパワハラ女性監督はの名前・顔写真は?

日本大学の公式HPに掲載されていると思い、アクセスを試みたのですがアクセスが集中しているのかはたまた、日大側がアクセスを拒んでいるのかわかりませんが、現在アクセスが出来ない状態です。

真相は掴めませんが、大野美幸(おおのみゆき)という女性が日大チア部のパワハラ女性監督ではないか?という憶測がネット上で出ています。

確かに、ネットの検索窓に「大野美幸」と入力すると、「応援リーダー部|日本大学 スポーツ日大」という検索結果が挙がってきます。

その画像が↓
検索したときに日大応援リーダー部の大野美幸が出てくるここもアクセスすることが出来ませんでした。

アクセスしようとすると「502 Bad Gateway」と表示されます。

この意味を調べてみると、「原因はネットワークの向こうのサーバー管理者にある」とのことで、やはりアクセスが出来ないように何か対策を講じている可能性が高いです。

顔写真はこちらです。

大野美幸の顔写真

引用:https://www.nihon-u.ac.jp

2011年まではこの大学の選手だったようですね。

2015年に日大応援リーダー部の監督に就任したとのこと。

スポンサーリンク

日大チア部のパワハラ女性監督の出身高校・大学は?

日大チア部の公式HPでにアクセス出来ないことから、大野美幸さんの定かな情報を掴むことが出来ませんが、ネットで調べてみるといくつかの出身高校・大学に関する除法が出てきました。

日本大学同部のOGとの情報です。

今は指導する立場にある日大の応援リーダー部に所属していたとのことです。

と、なると出身大学は日本大学になりますね。

また、日本大学習志野高校チアリーダー部「VENUS」がJapanCup2015に出場した時の顧問3人の中に大野美幸の名前があります。

これは憶測になりますが、日本大学は附属高等学校が多数存在します。

日大付属の高校に入学すればエスカレーター式に日本大学に入学出来るということです。

日大チア部(応援リーダー部)のOGであることから、出身高校もこの日本大学習志野高校の可能性があります。

こちらも情報がつかめ次第、更新していきます!

日大チア部のパワハラ女性監督の経歴は?

具体的な経歴は公開されていませんが、2011年までは今は指導している立場にある日本大学応援リーダー部(チア部)の選手として活躍していたとの事。

2015年までは日本大学習志野高校のチア部の顧問として働き、同年に日本大学応援リーダー部の監督に就任したようです。

現在はここまでの情報しか、公開されていません。

引き続き情報を調査し、情報がつかめ次第、更新していきます!!

まとめ

日大チア部の女性監督の

  • 名前・顔写真
  • 出身高校・大学
  • 経歴

について調査しました!

日大の応援リーダー部(チア部)の監督の名前は大野美幸(おおのみゆき)という人物ではないか?という憶測がネットで出ています。

出身高校については情報が公開されていませんが、日大習志野高校の可能性があります。

出身大学は日本大学応援リーダー部(チア部)のOGであることから日本大学であることがわかりました。

経歴としては、2011年までは今は指導している立場にある日本大学応援リーダー部(チア部)の選手として活躍していたとの事。

2015年までは日本大学習志野高校のチア部の顧問として働き、同年に日本大学応援リーダー部の監督に就任したようです。

現在がはここまでの情報しか掴むことが出来ませんでした。

引き続き情報を調査し、更新していきます!

しかし、日大アメフト部の問題があったにも関わらずどうしてここまで堂々と、他の部での監督から部員に対してこのようなことが出来るのか理解に苦しみますね。

ニュースでは7月に応援リーダー部(チア部)のパワハラをした女子部員に謝罪をしたそうです。

ただ、それだけです。

適応障害になってしまった女子部員に対して謝罪だけで終わらせようとしたんですね…。

日本大学にはこれだけで済ませるようなことはないよう、必ず対応してほしいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*