ウソラーの長安良明の出身高校・大学は?経歴を調査!株式会社MAI-KOの事業はなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、なおちょです!

最近SNSで大人気の動物がいるのをあなたは知っていますか?

その動物を愛してやまない人のことをウソラーと呼ぶそうです。

ウソラー旋風を巻き起こしている動物とは…カワウソのことなんです!

このカワウソの可愛さに一目惚れした人物がマツコの知らない世界に登場します。

その人物が長安良明さん。

この長安良明さんは株式会社MAI-KOという会社の代表取締役を務め、エキゾチックアニマルのお店「コツメイト」を経営。2017年にはインドネシアからは初、東南アジア諸国で1989年以来の約28年ぶりに、コツメカワウソの正規輸入に成功するというカワウソを愛してやまない人物なのです!

今回はそんなウソラー長安良明さんの

  • 出身高校・大学
  • 経歴
  • 株式会社MAI-KOの事業内容は?

について調査しました!

スポンサーリンク

ウソラー長安良明さんのざっくりプロフィール

突如として現れた長安良明さん一体どんな人物なのでしょうか?

ここでは簡単なプロフィールを紹介します!

  • 本名:長安良明(ながやす よしあき)
  • 年齢:49歳?(詳細は後述します)
  • 出身:大阪
  • 住居:東京都豊島区
  • 職業:経営者

Facebookでおそらくウソラー長安良明さんであろうアカウントがありました。

「長安良明」で検索すると出てきます。プロフ画像もカワウソでした笑

Facebookのアカウント情報に生年月日や趣味は掲載されていませんでした。

年齢について、ウソラー長安良明さんの情報を調べていると日刊大衆の記事で長安良明さんが取り上げられている記事があり、そのインタビューの中に、

「私が26年前に上京して来た街が池袋だったんですよ」

――ご出身は?

「大阪です」

――じゃあ、19歳の時に上京してきたということですよね?

引用:https://taishu.jp/articles/-/42520?page=1

というやり取りがありました。

この日刊大衆の記事は2014年の記事です。2014年のときはこのやり取りからすると45歳。そこから4年後の2018年では49歳であると予想出来ます。

スポンサーリンク

ウソラー長安良明さんの出身高校・大学は?

ウソラー長安良明さんの出身高校・大学はどこなのでしょうか?

情報を調査しましたが、出身高校・大学についての情報は公開されていないようです。

しかし、大学には行っていない可能性がある情報を見つけました。

19歳で大阪から上京してきたウソラー長安良明さん。上京してきた理由は、

ただ漠然と何かしたいと思って東京に来たんです。

引用:https://taishu.jp/articles/-/42520?page=1

大学入学のためではないようなんです。このことから大学には行っていないと思われます。

詳細な情報が入り次第、更新していきますね!

ウソラー長安良明さんの経歴は?

現在、株式会社MAI-KOの代表取締役を務める長安良明さん。

19歳で上京してきてどのような経歴で今の株式会社MAI-KOの代表取締役になったのでしょううか?

ウソラー長安良明さんは実は他にも会社を立ち上げており、代表取締役というよりは経営者の立場で仕事をされているようなんです。
「長安良明」で検索すると、この名前が入っている企業がちらほら見られます。

上京して初めて来た街が池袋だったウソラー長安良明さん。

その池袋に愛着がわき、居酒屋や麻雀荘を経営もされています。

居酒屋を初めたきっかけは「人と人がつながる場所を作りたい」という素敵な目標から始まったんだとか。

――居酒屋をやるきっかけは何だったんですか?

「私のコンセプトとして、人と人がつながる場所を作りたいと思ったんです。もともと、仕事仲間で飲む人が多かったから、だったら居酒屋を作っちゃおうと思いましたし、安く飲める楽しい場所を作りたかった。
池袋には、近くに大学もたくさんあるから、学生もたくさん来ます。学生の子たちには、安く飲める楽しい場所を提供したかったしね」

――雀荘をはじめたきっかけは?

「雀荘も居酒屋と同じですよ。老若男女が一緒になってやれますし、繋がりを持てますからね。今、「ドラドラ」というアイドルユニットもプロデュースしていますが、もとは、麻雀を広めたかったからです。昔の悪い麻雀のイメージを払拭させたかった。麻雀も若い男女をメインに広めていきたいと思っています。
究極は、自分が人と繋がりたいと思っているのかもしれないです。一人でご飯を食べるより、人と大勢で食べる方が楽しいし、美味しく感じますよね」

引用:https://taishu.jp/articles/-/42520?page=1

ただのカワウソが大好きなおじさんではないことはお分かりいただけたのではないでしょうか?笑

「人と人がつながる場所を作りたい」という目標のために何か出来ないかと奮闘し、様々なことにチャレンレジしているウソラー長安良明さん。

夢は、「フィリピンやインドネシアに小学校や中学校を建てること」だそうです。

夢の達成を応援したいですね!!

ウソラー長安良明さんが代表取締役を務める株式会社MAI-KOの事業内容は?

ウソラー長安良明さんが代表取締役を務める株式会社MAI-KOとは一体どんな事業を行っている会社なのでしょうか?

情報を調査しましたが、株式会社MAI-KOの公式ホームページは無く、正確な事業内容を調査することが出来ませんでした…。無念。

株式会社MAI-KOでエキゾチックアニマルのお店「コツメイト」を運営していることは間違いあありません。財経新聞のプレスリリースでも情報が掲載されていました。

「コツメイト」の公式ホームページもありました。

このコツメイトもすごいんです。

インドネシアからは初、東南アジア諸国で1989年以来の約28年ぶりに、コツメカワウソの正規輸入に成功したお店なんです!

そんなすごいコツメイトに行ってみたい!なんて思っていませんか??

コツメイトの口コミや料金・営業時間はコチラで紹介しています↓

長安良明が経営するコツメイトの料金・営業時間・予約方法・アクセスは?評判・口コミは?

ウソラーの肩書は軽いものじゃありませんね!

コツメカワウソはレッドリストにおいて「絶滅危惧Ⅱ類」に分類されています。日本での繁殖は難しいこともあり、コツメイトでは生息国であるインドネシアから正規に輸入しています。

コツメイトでは収益の一部をインドネシアの繁殖施設に寄付をしています。

カワウソが大好き!で終わらせないウソラー長安良明さん。流石です!!

まとめ

ウソラー長安良明さんと代表取締役を務める株式会社MAI-KOについてお分かりいただけたでしょうか?

ウソラー長安良明さんはおそらく大阪の高校を卒業後、19歳で上京その後は大学には進学せずに働き、今は経営者となったと考えられます。

「人と人がつながる場所を作りたい」という目標のために池袋で居酒屋や麻雀荘を経営。

カワウソ好きがエキゾチックアニマルのお店「コツメイト」を経営するにまでいたり、インドネシアのコツメカワウソ繁殖施設に寄付までするすごい方ということが分かりましたね!

まだまだ何かを社会に仕掛けてくれそうなウソラー長安良明さん。今度はあらたな〇〇ラーとして日本を騒がせてくれるかもしれません!

今後の長安良明さんに注目です!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*