新型コロナウイルスで亡くなった神奈川の80代女性の住んでいた場所・感染経路はどこ?病院も気になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スッキリで放送されていたコロナウイルス感染者二人の時系列

新型コロナウイルスにより、国内で初めて死亡者が出てしまいました。

ニュースでは神奈川県に住む80代の日本人の女性ということが分かっています。神奈川県のどこに住む女性なのかというところまでは情報が出ていません。

私自身、神奈川県在住なのですごく気になっています。

そこでこの記事では神奈川県に住む80代の女性について

  • 住んでいた場所はどこ?
  • 入院していた病院はどこ?
  • 感染経路は?

について調べてみました。

結論からお話すると

  • 住んでいた場所・入院していた場所は個人情報保護・混乱を防ぐために非公開にしていると考えられます。
  • 感染経路についても情報は非公開。80歳代の高齢者なので、公共交通機関・医療機関・老人ホームなどが考えられる。
    【2月14日追記】東京都70代タクシー運転手感染者の義母であることが判明
    →タクシー運転手からの感染?

 

と言ったことが分かりました。

それでは、詳しく見ていきましょう。

新型コロナウイルスで亡くなった神奈川の80代女性の住んでいた場所は公表されていない

神奈川県で80代の女性が新型コロナウイルスに感染していたことが分かり、13日に亡くなったことが報道されました。

しかし、神奈川県のどこなのか具体的な場所まではニュースにでていません。

先月22日に体調が悪くなり、今月1日、医療機関で肺炎と診断され、入院しました。そして12日、症状が悪化し、13日死亡したということです。

この女性について検査した結果、13日、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。国内で新型コロナウイルスの感染者が死亡したのは初めてです。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200213/k10012284531000.html

一体、神奈川県のどこにすんでいたのか?場所が気になります。

加藤厚生労働大臣の会見でも「神奈川県在住の80歳代の女性」とまでしか発表していません。

ネットで10以上のニュース記事を確認しましたが、どこにも神奈川県に住む80歳女性の住んでいた場所についての情報を掲載しているニュースはありませんでした。

親族の方々への配慮もあり、公にはしていないことが考えられます。

情報が入り次第追記更新していきます。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスで亡くなった神奈川の80代女性の感染経路は?

今回亡くなった神奈川県に住む80代女性は中国への渡航歴はないとされています。

同省によると、神奈川県の女性は1月22日から倦怠けんたい感があり、2月1日に肺炎と診断され、医療機関に入院した。6日に呼吸症状が悪化して別の医療機関に転院後、12日にさらに症状が悪化し、13日に死亡した。中国への渡航歴は確認されていないが、感染が疑われたためウイルス検査を行った結果、死亡後に陽性反応が確認された。同省はウイルス感染と死亡との因果関係を調べている。

引用:https://www.yomiuri.co.jp/national/20200213-OYT1T50225/

「死亡後に陽性反応が確認された」ということなので、80代女性の直接の死因が新型コロナウイルスであるかは定かでは無いということです。

正しい情報をきちんと整理して理解したほうが良さそうです。ここは国からの情報提供を待つしかありません。

中国への渡航歴がないとなると、国内感染ということになります。

80歳代と高齢な方なので考えられるとすれば

  • 公共交通機関
  • 老人ホーム
  • 医療機関

このような場所で感染したと思われます。

どこかの飲食店ということもあるかもしれません。手洗い・うがい・アルコール消毒はどこに行ってもやったほうが良さそうです。

【2月14日追記】

神奈川県で亡くなった80代女性は東京都内で感染した70代男性タクシー運転手の義母であることが明らかになりました。

 

 

感染経路はタクシー運転手から80代女性に感染したと思われたのですが、時系列で見ると80代女性の方が早く感染していたように見えるんです。

スッキリで放送されていたコロナウイルス感染者二人の時系列

これは2月14日にスッキリで解説されていた時系列です。

80代女性は1月22日に倦怠感を感じ始めています。一方で70代男性は1月29日に発熱。

70代男性ももっと早い時期から倦怠感等を感じていた可能性もあります。また、もしかすると80代女性が感染者と接触していた可能性もあります。

この二人が同居していたのか?といった情報も入ってきていません。

引き続き、情報を調査していきます。

 新型コロナウイルスで亡くなった神奈川の80代女性の入院していた病院の情報は非公開

入院していた病院についても加藤厚生労働大臣の会見でも一切情報は公開されませんでした。

病院の情報を公開してしまうと、そこの病院に入院している他の患者さんの不安を煽ることにもなり、病院としての機能が果たせなくなる危険性があることから病院の情報は非公開にしていると考えられます。

まとめ

この記事では神奈川県に住む80代の女性について

  • 住んでいた場所はどこ?
  • 入院していた病院はどこ?

について調べてみました。

世界中で猛威を奮っている新型コロナウイルス。神奈川県で亡くなった80代女性の住んでいた場所・入院していた病院の情報は公に公開されていません。

情報に敏感になっている今の日本で大きな混乱を招く可能性があるため、詳細な情報は公開しないようにしていることが考えられます。

入院していた病院の情報等を公開してしまうと、入院している患者さんの不安を煽ることにもなりますし、病院としての機能を果たせなくなる可能性もあります。

手洗い・うがい・アルコール消毒を徹底し、予防に努めましょう。また、誤った情報に左右されないようにきちんと情報を整理していきましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 安倍の家内です より:

    人権は原点で重要です。しかし、コロナウイルスの情報統制は権力者のための個人情報保護となっている。問題は片方の判断で入院している患者が混乱するでなく、近所で生活している市民はもっと混乱している。後手後手の対応策、加藤厚生大臣を観ていると、腐った親分に従っている同類項は括弧で括るです。後手後手内閣では、対応策が見えない。何故今国内にある機材を活用しないのか不思議、病院船が建造し就航する前に日本は沈むのでは心配です。最後に、安倍チャンもっと真面目に情報を開示すれば、国会審議は3日で終わります。

コメントを残す

*