NHK受信料金がスマホも対象になるのはいつから?ワンセグ・フルセグじゃなくても取られる理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、なおちょです。

ちょっと納得できないニュースが入ってきました。

NHK受信受信料金がワンセグ・フルセグチューナーを搭載していないスマホでも徴収される内容に放送法改正案が閣議決定されました。

今国会での成立を目指していて、NHKは2019年度中にサービスを開始したいとのこと。

これはちょっと理不尽ですよね。

正直ここまで読んでもどういった理由でスマホを持っているだけでNHK受信料金を取られるのか仕組みがいまいちわかりません。

気になったので調べてみることにしました。

この記事では、

  • NHK受信料金がスマホでも取られるようになるのはいつからなのか?
  • ワンセグ・フルセグじゃなくても取られる理由

について調査しました。

スポンサーリンク

ワンセグ・フルセグじゃなくてもNHKの受信料金が取られる理由は?

スマホにワンセグ・フルセグのテレビを視聴できる機能がついているものも確かにあります。

いくら使っていないとはいえ、見れる状況にあると「見ていない」という証拠を明確にするのは難しく、支払わざるを得ないというのはまだ分かりますよね。

(分かりたくはないのだけれど)

今回の法改正ではワンセグ・フルセグがないスマホについてもNHKの受信料金が徴収されることになります。

一度、ニュースの内容を確認してみましょう。

政府は5日、NHKによるテレビ番組のインターネット常時同時配信を可能にする放送法改正案を閣議決定した。今国会での成立を目指しており、NHKは2019年度中にサービスを開始したい考えだ。

 現行の放送法では、同時配信は災害報道やスポーツ中継などに限られているが、法改正によって全ての番組を配信できるようになる。NHKは受信料を支払っている世帯の人であれば、ネット視聴のための追加負担は求めないとしている。

 法改正の是非を検討してきた総務省の有識者検討会は同時配信を容認する一方、受信料の見直しや不祥事防止の徹底などを要請していた。

引用:https://this.kiji.is/475454296139711585?c=39546741839462401

重要なポイントとなるのが、赤字の「NHKによるテレビ番組のインターネット常時同時配信を可能にする」という部分。

これまでは災害報道やスポーツ中継など限られたNHKのコンテンツがテレビではなくネットで視聴できました。

しかし、今後はネットでNHKの番組全てを視聴できるようにするという内容の放送法改正案。

これが適用されるとネット環境があるだけでNHKの番組をすべて見れるということ。

つまり、スマホに限らずネットに繋がれたパソコンでもNHK受信料金の支払対象になるということです。

払わなくていい場合はスマホも携帯も持っておらず、自宅にはパソコンもテレビもなくネット環境が整っていない家しかありません…笑えます笑

これには流石に怒りのコメントが多数出ています。

スマホもPCもテレビ放送を見る事を目的としていない、何故見てないのに金を払わなくてはいけないのか?迷惑だ。

おいおい そのうちスマホ一台いくらダブレット、PCも持ってる数だけ強制徴収とかならねえか?悪徳徴収員やりたい放題?

NHK番組のインターネット配信なんて、望んでも頼んでもいないのに受信料を請求するのか。
強制的に金を取るなら、NHKの放送を見た通信量はデータ量に加算されないようにしろ。

対象がほぼ全世帯なら国営放送にして受信料徴収辞めるべき。常識から外れすぎ。

引用;https://buzzap.jp/news/20190305-nhk-internet/

スポンサーリンク

NHK受信料金がスマホでも取られるようになるのはいつからなのか?

まだ、閣議決定がなされただけで法改正は国会で成立しなければなりません。

2019年の国会は2019年1月28日(月)から6月26日(水)までの150日間で開かれます。

この期間中に成立するかどうか。

NHKは2019年度中にNHKによるテレビ番組のインターネット常時同時配信を可能にするサービスの提供を開始したい考え。

法案改正が認められたとしても、色々な反発は意見が出てくるでしょうからそれに備える期間も必要でしょう。

「法律が変わったので、NHKの受信料金は絶対に払わないと駄目ですよー」なんて言われても納得できませんからね。

2020年は東京オリンピックもあるので、それまでにはサービスの提供と受信料金の徴収が始まると思われます。

オリンピック開催前に決行するか、オリンピック終了後の熱りが冷めた頃に徴収を始めるかといった二択になるかと。

NHKの意向どおりにことが運べば余裕を持って2020年2月から、またはオリンピック終了が2020年8月9日なので、2020年10月くらいからになるんじゃないかと予想します。

(そんなことにならないことを一番望んでいますが…)

まとめ

この記事では、

  • NHK受信料金がスマホでも取られるようになるのはいつからなのか?
  • ワンセグ・フルセグじゃなくても取られる理由

について調査しました。

フルセグ・ワンセグじゃなくともNHK受信料金が取られる理由は、これまでは災害放送やスポーツ中継などの一部の番組しかNHKの番組はネットで視聴ができませんでしたが、放送法が改正されるとネット環境があればNHKの全ての番組が見れることになるからです。

NHK受信料金が取られるようになるのは、2020年は東京オリンピックもあるので、それまでにはサービスの提供と受信料金の徴収が始まると思われます。

オリンピック開催前に決行するか、オリンピック終了後の熱りが冷めた頃に徴収を始めるかといった二択になると考えられます。

NHKの意向どおりにことが運べば余裕を持って2020年2月から、またはオリンピック終了が2020年8月9日なので、2020年10月くらいからになるんじゃないかと予想します。

水面下でこんな話が進められていたとは正直驚きです。

これからの話しの展開が気になるところですね。

新しい情報が入り次第、記事にしていきます。

最後まで読んでいただき、有難う御座いました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*