腹を刺された材木会社社長の会社名・名前は?犯人の顔画像・逃走経路や特徴・動機も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TBSニュースの画像

どーも、なおちょです。

物騒な事件のニュースが入ってきました。

東京都東陽のビルで男性が血を流して倒れているとの通報が3月5日午後6時40分ごろに110番通報がありました。

刺された男性は材木会社の社長(34歳)。腹部を数回刺されているとのこと。重症ですが意識はあるそうです。

犯人は今も逃走中。

一体、なぜこんなことをしたのか不明点が多すぎて気になります。犯人は今も逃走中とのことで、どこに身を潜めているのか怖いですよね。

この記事では

  • 腹を刺された材木会社社長の会社名・名前・
  • 犯人の逃走経路
  • 犯人の特徴や動機・顔画像

について調査していきます。

スポンサーリンク

腹を刺された材木会社社長の会社名・名前は?

いくつかのニュースを見ると、腹を刺された材木会社社長は東京都江東区東陽のビルに入居している材木会社であることが分かりました。

5日午後6時40分頃、東京都江東区東陽のビル1階で、「男性が倒れている」と110番があった。警視庁深川署員が駆けつけたところ、このビルに入居する材木会社の男性役員(34)が腹から血を流して倒れているのを発見。

引用:https://www.yomiuri.co.jp/national/20190305-OYT1T50311/

現場は東京メトロ東西線東陽町駅から北に約700mの場所。

報道写真には1Fにローソンのあるビルが映されていました。

TBSニュースの画像

画像はTBSニュースの映像の一部です。

東陽町の駅から700m付近にあるローソンを調べてみると

茶色い線あ特徴的なビルが一致します。

ビルの名前はカクマルビル。

株式会社カクマルという材木会社の持ちビルであることが分かりました。

襲われたのはこの会社の社長です。代表者の名前は幸田正伍さん。

被害に合われた社長はこの方だと思割れます。

「幸田正伍」さんの名前を検索してみましたが、顔写真などの情報は出てきませんでした。

Facebook等のSNSをやっていれば顔写真もあったかもしれません。

SNS関係はやられていないようです。

スポンサーリンク

犯人の顔画像・特徴や動機が気になる

ニュースでは「2人は知人同士」であることがわかっています。

であれば、名前も知っていることでしょうし、犯人の顔が公開されてもいいように思えます。

なぜ犯人の顔写真を公開しないのか?

おそらく、まだその人物であることが特定出来る証拠が見つかっていないからだと考えられます。

被害者の材木会社の社長の一言で、その人物の顔写真を公開してしまい、万が一ほかの人物が犯人だった場合、間違えられた人は振り回されてしまいますし、人生が一変することになるかもしれません。

特徴は、

  • 20~30代の男性
  • 身長は170cm程
  • 茶色の服
  • メガネを掛けている

上記4点が判明しています。

知人にも関わらず年齢の幅が広いということはあまり親しい仲ではないと考えられますね。

仕事で関わっている人物なのか、それともプライベートの知人なのか。

動機も気になるところです。

社長ということを知って、お金目当てか、何か因縁をつけられてその仕返しに襲ったりしたのかもしれませんね。

材木会社社長を襲った犯人の逃走経路は?

まだ全く足取りが掴めていないようなので、どちらの方面に逃げたとかそういった情報も全くありません。

東陽町は住宅街というよりはオフィス街。

ですが、少し離れれば小学校に幼稚園、中学校から高校まであるので通学中の子供に被害が出ないか心配です。

犯人の逃走経路について情報が入り次第追記更新していきます。

近隣住民の方はくれぐれも注意してください。

まとめ

この記事では

  • 腹を刺された材木会社社長の会社名・名前
  • 犯人の逃走経路
  • 犯人の特徴や動機・顔画像

について調査しました。

腹を刺された材木会社社長の会社名は株式会社カクマルの幸田正伍さんだと推測。

顔画像がSNS等をやられていないようで特定することが出来ませんでした。

犯人の特徴は、

  • 20~30代の男性
  • 身長は170cm程
  • 茶色の服
  • メガネを掛けている

犯人が知人であるとのことですが、まだ特定が出来ていないため顔画像は公開されていません。

動機は社長ということを知って、お金目当てか、何か因縁をつけられてその仕返しに襲ったりしたのか…。

犯人の逃走経路についてもまだ足取りがつかめるような情報がないようで、どこに逃げたのか情報が入ってきていません。

情報が入り次第追記更新していきます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*