ipet(アイペット)保険の評判・口コミは?特徴やメリット・デメリットも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ipet対応動物病院の印

どーも、なおちょです。

乃木坂46のメンバーがCMをしていることでも目を引くペットの保険「ipet」。

楽天リサーチによると

【4年連続新規インターネット経由契約者数№1】

【4年連続新規契約数№1】(猫の保険)

【友人・知人におすすめしたい保険№1】(2018年)

と何かと№1になっているipet。

なぜそんなにも人気なのか気になったので実際の評判・口コミを調べてみることにしました。

この記事をみているということは、ipetの保険の加入も考えていると思うので、ipetの特徴やメリット・デメリットも紹介していきますね。

スポンサーリンク

ipet(アイペット)保険の評判・口コミは?

最近乃木坂46がCMをやっていることでも有名なipet。

実際のCM↓

CMでも有名になりましたが、ipetの保険で特にオススメなポイントが

【窓口精算ができる!】【圧倒的保険料の安さ】

の2つです。

窓口精算とは、保険金の受取手段の一つで病院の窓口で保険が適用されるサービスです。 病院の窓口では、契約している保険の保険証を提示すれば、補償を差し引いた分だけ支払えば問題ありません。

窓口精算が可能な保険はipetの他には「アニコム」という保険があります。

2018年11月現在で窓口精算が可能なのはこの2社のみです。

しかも、ipetはアニコムよりも年間最高保証額が高いですが、保険料がアニコムよりも安いんです!

アニコムとipetの保険料の比較

この2つの秀でた補償内容が人気の理由のようです。

実際にこのポイントが助かったと言う口コミも見られます。

 

もうなくなったのですが、前は、アニコムでしたが、若い時は、全く病院に行かなく、高いお金を払うのは…どうかと思いましたが、老犬になり、保険料は、半額となり、病院に行く機会が増える
ことが多くなったので、その際は、治療費が、戻ってくれたので良かったです。
今回の犬は、マイペットにしました。やはり、料金が安くて決めました。
(女性・40代 東京都 加入したペット:チワワ)

ペットショップで勧められ加入しました。
ペット保険の必要性は事前に検討していました。インターネットで比較をして、どこかのペット保険に加入すること自体は検討していたので、詳細な説明を受けました。特に迷いなくの加入です。
窓口精算対応している病院が多いので、請求手続きいらずで楽チンなのが良いです。
(女性・40代 大阪府 加入したペット:ロシアンブルー)

引用:https://pethoken-hikaku.jp/companyDetail_ipet.html

ペット保険に加入したいと思い、色んな保険をチェックしていたんですがWeb割引があり、アイペット損害保険の「うちの子」ライトへ加入しました。保険料も安いですが補償内容がしっかりしていますし、高額になる手術にも保障内容が充実しているので最高50万円までを年2回までサポートしているのはかなり魅力的です。また我が家で飼っているペットが他のペットを傷つけた場合でも保障がでるので、安心してお友達のペットと遊ぶことができます。

犬猫を飼っていて、その手術料の高さに手術を断念された方も多いのではないでしょうか。
「うちの子ライト」は手術、及び手術に関わる入院時に90%負担してくれる保険です。
保険に入りたいのだけど月々の保険料は高い、けれど最低限手術が必要になったら手術ぐらいはしてあげたい…と思っている人にはぴったりです。
欠点としては手術を必要としない通院等では保険が下りないので、手術が必要ではないのだけど通院が長引いた…といった場合が怖いかなと思います。

私は現在6歳になるチワワを飼っています。犬で6歳になるとそろそろシニアの仲間入りになるので、今まで元気にはしゃいでいても体がついてこず怪我、さらに病気になる確率も年々増えていっていると思うのでペット保険に加入しました。私が選んだのはアイペット損害保険で、この業界では有名で信頼出来ると思いました。内容の方も、ペット保険は基本的に手術、入院、通院がセットになっていますが、私は手術、入院の保障だけの保険に入りました。犬を病院に連れて行き1番お金がかかるのが手術と入院だと思います。この保険は90%の補償と保険の支払い金額が高額なのでほとんど自己負担がないのも選んだ理由です。申込みの際も、WEBからだと10%オフになるのも嬉しいです。

引用:https://minhyo.jp/ipet

 

ipetにして良かったという声も多くありますね。

これに対してipetが良くないという声もあります。

解約通知をお願いするも、何度も振込用紙が送られてくる、電話をして解約の旨を伝える、を繰り返すこと3回。電話で日本語で話しているのに、「解約」の意味がわからないのかと思えるほど。おそらく解約を受け付けた担当者には、社内でペナルティが発生してるのではないかと思える程しつこかった。もしくは電話担当者と、解約申込書の発送を担当している人間に連絡できていないのではないかと思えるほど。手続きが煩雑な保険会社は面倒に思える。

ペットショップで勧められたので入りましたが、使わないので解約することに。 が、簡単に入れた割に解約する時には時間がかかる。 解約手続きの書類を送ってもらうように電話したのに待てど暮らせど来ない。 解約手続きはアイペットに書類が届いてからなんですよね。 わざとですか?

お金が引かれているのにも関わらず、保険証が届かないまま半年。 連絡をしなかったこちらもこちらですが、問い合わせをした所、「申し訳ございません。」「すみません。」などの謝罪の言葉は何一つ無く。 保険内容については大変いいと思いますが、電話対応が私には合いませんでした。 謝罪の一言があれば、私たちも連絡をしていなかったし、健康で必要としなかったので、と言えましたが、ただただ対応マニュアルを読んでいるだけの対応に腹が立ちました。 ペットショップで保険証が届いていないと愛ペットと繋がりのある方に言った所、本当に申し訳ありませんと謝られたので、気にしないでくださいと言えましたが、電話に出てくださった方には同じ言葉を言えませんでした。電話対応が本当に残念です。 もう1匹購入した際、こちらの保険会社を同様に勧められ加入していますが、他の会社を考えています。

引用:https://minhyo.jp/ipet

「解約」となったとき、なかなかスムーズに行かないみたいですね^^;

電話対応もあまり良くないとのこと。

入るのは簡単でも、解約が面倒だとかは実際に解約をした人でないと分からない情報なので、こういう形でコメントを残してもらえるのは有り難いですよね。

解約方法についても別途調べてみます。

スポンサーリンク

ipet(アイペット)特徴やメリット・デメリットは?

ipet保険の特徴やメリット・デメリットが加入する時に大きく気になるポイントだと思います。

 

メリットは前述した

【窓口精算ができる!】【圧倒的保険料の安さ】

の2つですね。

 

窓口精算ができるだけでも2社しかないサービスなのでかなり便利なサービスです。

デメリットは、支払限度額・支払限度日数(回数)の規定があることです。

アクサダイレクト、ペット&ファミリー、ペッツベスト、日本ペットブラスの保険は支払限度額・支払限度日数(回数)の制限がありません。
(※ペッツベストは1回の事故(傷病)に対して25万円、その他の保険は年間保証限度額50万円の上限はあります。)

メリット・デメリットの部分は今のあなたのペットの状態によるものもあると思います。

まだまだ全然元気で、もしものときのために安く備えたということであれば間違いなくipetがオススメですよ♪

続いて、ipetの特徴を解説していきます。

ipetの保険は大きく分けて2種類あります。

  1. うちの子(ペット医療費用保険)
  2. うちの子Light(ペット手術費用保険)

この内容について見ていきましょう。

1.充実した保証で安心&窓口精算OK うちの子(ペット医療費用保険)

うちの子(ペット医療費用保険)は「通院」「入院」「手術」と幅広い保障が魅力ですね。

特徴1 通院から入院、手術まで幅広くカバー

  • ストレス性の下痢
  • 突然の交通事故
  • 異物誤飲
  • 歯石除去※1
  • ノミによる皮膚の炎症※2
    ※1 予防としての処置は対象外
    ※2 ノミ・ダニ駆虫薬は予防のために使用する場合は対象外

日常でよくある上記の様な通院にも適用されます。通院も1日から補償されるのが嬉しいですね。

特徴2 窓口精算で保険金請求の手間いらず

ipet対応動物病院なら窓口で負担分の支払いだけで大丈夫。

もちろんipet対応動物病院以外での診療も補償されます。

アイペット対応動物病院は動物病院の窓口で「うちの子」の保険証を提示すると、契約の補償分等を除いた診療費のみのお支払いとなる提携動物病院のことです。

ipet対応動物病院の印

特徴3 70%と50%の選べる2つの補償プラン

プランに応じてペットの通院・入院・手術の費用を補償します。

70%プランは年間最大122.4万円、50%プランは年間最大72.8万円まで補償されます。

支払限度額・支払限度日数(回数)が定められています。

【70%プラン】

通院 入院 手術
1日12,000円まで

年間22日まで補償

1日30,000円まで

年間に22日まで補償

1日150,000円まで

年間2回まで補償

【50%プラン】

通院 入院 手術
1日12,000円まで

年間22日まで補償

1日12,000円まで

年間に22日まで補償

1日100,000円まで

年間2回まで補償

手頃な保険料で手術費を最大90%補償 うちの子Light

保険料のを抑え、もしもの手術費用に備える保険がうちの子Lightです。

特徴1 月々780円!格安の保険料でもしものときも安心

バカにならない月々の保険料の支払い…。

月々の保険料を抑えたいという方ににはうちの子Lightがオススメですね。

月々780円は「猫・0歳」の場合です。犬の場合は年齢と犬種、猫の場合は年齢で保険料が決まります。簡単見積りはコチラから

特徴2 高額になりがちな手術費用に補償を特化!

うちの子Lightの一番の特徴は何と言っても手術費用の補償です。

最大90%が補償され、入院も10日間まで補償!

補償対象 手術手術を含む連続した入院(手術1回につき10日まで)
補償割合 90%
手術1回あたりの支払限度額 50万円
支払限度回数 2回/年
保険期間 1年間

最低支払対象治療費 3万円(補償の対象となる額が、この金額に達しない場合は保険金を支払いません)

特徴3 WEB割で保険料がさらに10%オフ!

インターネットからの申し込みで、インターネット割引(WEB割)が適用され10%OFFになります。(支払いはクレジットカードのみとなります)

まとめ

今回はipetの評判・口コミや特徴、メリット・デメリットを紹介しました。

POINT
  • うちの子Lightは保険料が安く、ペット飼育初心者でも安心して加入できる保険
  • ipetは解約についてはかなりの手間がかかることが多い模様
  • 保険には「うちの子」と「うちの子Light」の二種類がある
  • うちの子Lightはインターネット割引もあり、さらに安い保険料でもしものときに備える事ができる

人の保険でもそうですが、保険が必要になった時に初めて保険を契約していて良かった!と実感できるサービスです。

なかなかその効果を実感することが出来ない、できれば保険の効果を発揮するような事態にはならないことが一番望ましいのですがそうも言っていられませんよね。

「うちの子Light」は手術の場合、最大90%まで補償される保険です。

やすい保険料で、もしもの時に備えたいという人にとってはもってこいの保険ですね。

是非、この機会にペット保険を見直してみては?

最後まで読んでいただき有難う御座いました。

>>今すぐipetで見積もりを取ってみる<<

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*