ノ貫(へちかん)の和え玉の注文方法・食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、なおちょです。

僕が愛してやまないラーメン屋「丿貫(へちかん)」。

テレビに出たり、横浜駅東口に出来たアソビルに出店するなど、どんどんと人気が出てきています。

丿貫ならではのメニューの一つに「和え玉(あえだま)」があります。

初めて僕が丿貫に行ったときに

  • いつ頼めば良いんだ…?
  • どうやって食べるんだ…?

と、お店に入ってから焦った記憶があります。

そこで、初めて丿貫に行く人に是非、和え玉を楽しんでほしいと思い、1年間で丿貫に100回以上通っている僕が和え玉の注文方法・食べ方を紹介していきます!

スポンサーリンク

丿貫(へちかん)の和え玉(あえだま)とは?

まず、「そもそも和え玉とはなんぞや?」という方のために和え玉について紹介していきます。

「和え玉」と書いて「あえだま」と読みます。「わえだま」ではないので気をつけてくださいね笑

和え玉は言わば替え玉です。麺のおかわりですね。麺のおかわりなので、ラーメンを頼んでいないと注文出来ません。

丿貫の和え玉は替え玉に味がついているといった感じです。

ノ貫の和え玉和え玉の定番「黒酢の和え玉」

これが和え玉の定番「黒酢の和え玉」です。

初めての方はこのメニューから食べるのがオススメですね。黒酢が苦手な方はガッツリ黒酢なので気をつけて下さい!

黒酢の和え玉は200円(税込)。ハーフサイズの場合は50円引き。

ラーメン・和え玉ともにハーフサイズもできるので食べ比べしたい!という方には嬉しいですね♪

この他にも旬の野菜や海鮮を使用した様々な和え玉があります。

和え玉は1日大体3種類くらいのメニューが並びます。

スポンサーリンク

和え玉の注文方法は2つ

さて、僕もここで最初につまずきました。「和え玉はどうやって注文すれば良いんだ!?」

和え玉の注文方法は2つあります。

  1. 最初にラーメンと一緒に注文する
  2. 後からほしいタイミングで頼む

です。

1.最初にラーメンと一緒に注文する

丿貫には食券機はありません。全て口頭で注文し、食べ終わったら会計をします。(2019年8月現在)

最初に注文を聞かれるのでラーメンと一緒に注文します。

この場合は店員さんに「食べるタイミングでお声がけ下さい」的なことを言われるので、ラーメンが大体食べ終わったら注文しましょう。

そのときに「にんにく」または「生姜」を入れるか聞かれます。両方入れることも可能なのでお好みで。

ちなみに両方抜くことも出来ます。

僕は仕事中に食べることが多いのと、そのままの味で食べたいので両方抜いて食べています。

2.後からほしいタイミングで頼む

僕はこっちの方法で頼んでいます。

理由は最初に頼んでも店員さんは忙しいので、また伝票を確認してもらう作業が出てきてしまいます、二度手間になるので後から頼んだ方がいいかなと勝手に思っています笑

こちらの方法は最初にラーメンを頼んで、自分の食べたいタイミングで注文します。

注文のタイミングで「にんにく」または「生姜」を入れるか聞かれます。もちろん。両方入れることも抜くことも可能です。

前者と後者で提供時間に差はありません。食べたいタイミングで注文するというところは同じなので!

和え玉を最大限に楽しむ3つの食べ方を紹介!

続いて、和え玉を最大限に楽しむ3つの食べ方を紹介します。

絶対にラーメンのスープは残しておいてくださいね!!

これであなたも和え玉マスター!

1.和え玉をそのまま食す!

まずはそのまま和え玉だけで食べましょう!

タレと麺を絡ませるために、麺全体をよくかき混ぜてから食べましょう。

麺のバキバキ感、和え玉のタレの味をダイレクトに味わえます。

2.和え玉を残ったスープにくぐらせて食す!

つけ麺・ざるそば感覚で和え玉を残しておいたラーメンのスープにくぐらせて食べます。

このときにどっぷりるけるのではなく、麺の半分くらいをスープにくぐらせて食べるのがおすすめです♪

3.完全味変!和え玉に残ったスープを注いで食す!

最後に完全味変!和え玉に残ったスープをそそいでスープに麺を絡ませて食べます。

残ったスープに和え玉をドボンするのも良いのですが、僕は最後にラーメンのスープだけをもう一度味わいたいので、和え玉の器にスープを注ぐようにしています。

ここはお好みで!

ノ貫の和え玉を美味しく食べよう!

この記事では丿貫(へちかん)の和え玉の注文方法・食べ方について紹介しました!

和え玉の注文方法は2つあります。

  1. 最初にラーメンと一緒に注文する
  2. 後からほしいタイミングで頼む

です。

個人的には前者は店員さんの動きが2度手間になるような気がするので、後者の注文方法にしています。

和え玉を美味しく食べる食べ方は3通りあります。

  1. 和え玉をそのまま食す!
  2. 和え玉を残ったスープにくぐらせて食す!
  3. 完全味変!和え玉に残ったスープを注いで食す!

といった食べ方があります。

たかが和え玉、されど和え玉。1つのメニューで3通りの楽しみ方できるんです。

複数人で行って別々ラーメンと和え玉を注文してシェアすれば組み合わせは更に増えますよ♪

ぜひ和え玉を頼んでみてくださいね♪

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*