みなとみらいスマートフェスティバル2019花火大会の打ち上げ場所はどこ?観覧穴場スポットを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みなとみらいスマートフェスティバル2019花火大会の有料席の場所

どーも、なおちょです。

みなとみらいスマートフェステッィバル2019の花火大会が2019年8月2日(金)に開催されます。

神奈川新聞花火大会がなくなり、みなとみらいの花火大会がなくなった…と思っていたのですが2018年からスマートフェスティバルの花火大会が復活しました。

横浜の夏の大きなイベントの一つだったので本当に良かったです。

打ち上げ場所は神奈川新聞花火大会と同じ場所から行われます。神奈川新聞花火大会に5回以上は参加している地元民の私が観覧穴場スポットをこっそりこの記事ではお教えしようと思います。

この記事ではみなとみらいスマートフェスティバル2019の花火大会を楽しむために

  • 花火大会の打ち上げ場所
  • 観覧穴場スポット

について、紹介していきます。

スポンサーリンク

【みなとみらいスマートフェスティバル2019】花火大会の打ち上げ場所はどこ?

みなとみらいスマートフェスティバル2019花火大会の打ち上げ場所は臨港パーク前の海上で打ち上げられます。

【みなとみらいスマートフェスティバル開催概要】

◯開催日時:2019年8月2日(金) 18:30~20:00

◯打上数:約20,000発(予定)

◯内容(予定)

・AUNJクラシック・オーケストラによる和楽器演奏
・音と花火で彩るスカイシンフォニー イン ヨコハマ pressented by コロワイド(約25分間)

※パフォーマンスステージは臨港パークのみ。場所によっては見られない可能性もあります。

AUNJクラシック・オーケストラは男女8人からなる和楽器のオーケストラ団体です。

2010年世界遺産モンサンミッシェルでの単独公演や、2013年アンコールワット公演から、2017年の新宿公演まで5年にわたって、アジア10カ国で開催された、ONE ASIAジョイントコンサートを大成功させた、世界で活躍する和楽器ユニット「AUN J CLASSIC ORCHESTRA」。

横浜との縁も深く、横浜DeNAベイスターズ夏のイベント「勝祭」のテーマソング制作、球場での演奏の他、2017年横浜で開催されたアジア開発銀行総会での演奏も担当。

引用:https://www.mmsf.jp/pages/2800497/page_201904201818

横浜DeNAベイスターズの夏のイベントの楽曲も担当されたりと横浜にゆかりのある方々でもあるんですね。

当日はみなとみらいでどんな楽曲を演奏してくれるのか楽しみです!

◯主催

みなとみらいスマートフェスティバル実行委員会

株式会社神奈川新聞社、神奈川県民共済生活協同組合、学校法人神奈川大学、京浜急行電鉄株式会社、株式会社コロワイド、独立行政法人都市再生機構、日本アジアグループ/国際航業株式会社、株式会社ノジマ、ぴあ株式会社、三菱地所株式会社 横浜支店、一般社団法人横浜青年会議所、一般社団法人横浜みなとみらい21、横浜市  *50音順

引用:https://www.mmsf.jp/

◯打ち上げ場所:臨港パーク前海上
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

 

2018年も同様の場所で打ち上げられています。

かなりの大盛況でした。

臨港パークは有料観覧席となり、チケットの購入が必要になります。

下の色がついている部分が有料席です。

みなとみらいスマートフェスティバル2019花火大会の有料席の場所

引用:https://www.mmsf.jp/pages/2110617/page_201807220813#&gid=1&pid=1

打ち上げ場所の真正面ですし、間違いなく最も花火大会を快適に楽しめる席ですね。

パイプ椅子の席は一人8,500円(税込)、芝生エリア(専用シート配布60cm×80cm)は当日券2,000円(税込)、前売り券は1,800円(税込)です。

スポンサーリンク

【みなとみらいスマートフェスティバル2019】花火大会の観覧穴場スポットを紹介!

デートスポットとしても人気のみなとみらい。もちろん花火大会には多くの人がやってきます。

混雑している中で見るのは少し窮屈。立ち見は疲れるので嫌だ…。

あなたもそんなふうに思って、この記事にたどり着いたのではないでしょうか?

ここでみなとみらいスマートフェスティバル2019の花火大会の観覧穴場スポットを紹介していきます。

各場所へのアクセスも紹介していますが当日は相当な混雑が予想されますので、電車でのアクセス方法を紹介しています。

スポットその1.
横浜ワールドポーターズ屋上

通称「ワーポ」。映画館もあり、お店が沢山入っていることもありデートで重宝する場所ですね。

ワーポの屋上でみなとみらいスマートフェスティバル2019の花火大会が見られるんです。

視界を遮る高い建物も無いのでおすすめの穴場観覧スポット。

屋上にはバーンゴルフやバーベキューが出来る“THE BBQ BEACH”もあります。

花火を見ながらBBQなんて最高ですね!

バーベキューは予約も出来るので、チェックしてみてくださいね。
THE BBQ BEACHを今すぐ予約するならこちら!

<アクセス>

・みなとみらい線/みなとみらい駅、馬車道駅から徒歩約5分
・JR線・横浜市営地下鉄/桜木町駅から汽車道経由で徒歩約10分
・JR線・横浜市営地下鉄/関内駅から馬車道経由で徒歩約15分

スポットその2.
横浜ランドマークタワー3階タリーズ横

ランドーマークタワ-タリーズ横の窓から花火が見られます。

ビルの間からにはなってしまいますが、雨風に関係なく見られる穴場スポットです。

空調も効いているので、快適に見られますよ♪

※立ち見になります。

<アクセス>

・桜木町駅(JR・市営地下鉄)から動く歩道で徒歩5分
・みなとみらい駅(みなとみらい線)から徒歩3分。

スポットその3.
野毛山公園

打ち上げ場所の臨港パークから距離があるため、花火は多少小さく見えるようになりますが十分な迫力の花火が見られます。

ビルの高さも気になりませんよ♪

また、野毛山動物園(入園無料)が併設されているので、少し早めに出て動物園を散策してから花火を見る!なんてコースもありですね。

<アクセス>

・京浜急行線「日ノ出町」駅下車徒歩10分

スポットその4.
ぷかりさん橋

打ち上げ場所と目の鼻の先にあるぷかり桟橋。

基本立ち見にはなりますが、インターコンチネンタルホテル越しに見られる花火は圧巻です。

フローティングレストラン「ピア21」はインターコンチネンタルホテルが手がけているレストラン。本格的なホテル料理を楽しみながら、花火大会を楽しむことも可能です。

雰囲気も出ますし、デートにはピッタリの場所です♪

ピア21の予約はこちら

<アクセス>

・東京・品川方面、大船・磯子方面よりお越しの方
JR根岸線「桜木町」駅より 動く歩道を利用して徒歩10分
・湘南台・踊場方面よりお越しの方
地下鉄ブルーライン「桜木町」駅より 動く歩道を利用して徒歩10分
・渋谷方面よりお越しの方
みなとみらい線「みなとみらい」駅クィーンズスクエア連絡口より徒歩5分

スポットその5.
山下公園

観光地としても有名な山下公園。

花火が見られる範囲も広く、公園内にはベンチもあるのでベンチが抑えられればかなり快適に花火大会を楽しむことが出来ます。

注意点が1つ。

公園内には背の高い木々が植えられており、その影に入ってしまうと木が邪魔で花火が見られない…なんてことにもなりかねません。

場所を確保するときには十分に気をつけてくださいね!

<アクセス>

・JR京浜東北・根岸線
「関内駅」より徒歩20分
・横浜高速鉄道みなとみらい線
「元町中華街駅」より徒歩3分
・横浜市営地下鉄ブルーライン
「関内駅」より徒歩20分

 

みなとみらいスマートフェスティバル2019の花火大会の穴場観覧スポットを5つ紹介しました。

もし、ここもおすすめだよ!という場所があればぜひコメントから教えてくださいね♪

まとめ

この記事ではみなとみらいスマートフェスティバル2019の花火大会を楽しむために

  • 花火大会の打ち上げ場所
  • 観覧穴場スポット

について、紹介しました。

花火大会の打ち上げ場所は臨港パーク前の海上です。

臨港パークは有料席となりパイプ椅子の席は一人8,500円(税込)、芝生エリア(専用シート配布60cm×80cm)は当日券2,000円(税込)、前売り券は1,800円(税込)です。

観覧穴場スポットは5つの場所を紹介しました!

  1. 横浜ワールドポーターズ屋上
  2. 横浜ランドマークタワー3階タリーズ横
  3. 野毛山公園
  4. ぷかり桟橋
  5. 山下公園

花火大会当日は相当な混雑が予想されますので、電車で来ることをおすすめします。

公共交通機関にはバスもありますが、かなりダイヤが乱れることが予想されます。

2019年で2度目の開催となるみなとみらいスマートフェスティバル2019。今年はどんな花火大会になるのか楽しみですね!

穴場スポットを使って、快適に花火大会を楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*