ラグビー日本代表ONETEAM感謝パレードのコース(ルート)を地図で解説!オススメ観覧スポットも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、なおちょです。

ラグビーワールドカップ2019で日本はベスト8というこれまでにない結果を残しました。

今回の大会で多くの日本のラグビーの強さを世の中に知らしめた日本代表選手たち。そんな彼らが応援してくれたファンへの感謝の気持ちを込めて2019年12月11日(水)にパレードを開催します!

あの大きな体を生で見られる機会はそうありません!

パレードはどんなコースで行われるのか気になったので調べて記事にしました。

この記事ではラグビー日本代表ONETEAM感謝パレードの

  • コース(ルート)の地図
  • パレードのオススメ観覧スポット

について分かりやすく解説していきます!

結論からお話すると、

  • コース(ルート)は丸の内仲通り(有楽町電気ビル前~丸ビル前)
  • オススメ観覧スポットは「丸の内仲通り歩道の最前列」「二重橋スクエア2Fのテラス」

です。

では詳しく見ていきましょー!

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019日本代表ONETEAM感謝パレードの開催概要

ラグビーワールドカップ2019日本代表ONETEAM感謝パレードの開催概要は以下の通りです!

◯日時:2019年12月11日(水) 12時~
パレードは1時間程度を予定。進行により短縮される可能性あり。雨天決行・荒天中止
◯主催:公益財団法人日本ラグビーフットボール協会
◯名 称:ラグビー日本代表ONE TEAMパレード ~たくさんのBRAVEをありがとう~
◯参加予定者:ラグビー日本代表選手
◯参加費:無料

日本代表全31名が参加!個人的には最近熱愛報道もあった“笑わない”で有名な稲垣選手を是非見てみたい!

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019日本代表ONETEAM感謝パレードのコース(ルート)を地図で確認!

ラグビーワールドカップ2019日本代表ONETEAM感謝パレードのコース(ルート)を地図で確認してみましょう。

コースは丸の内仲通り(有楽町電気ビル前~丸ビル前)で行われます。

全長800mの直線コース(ルート)。歩いて10分ほどの道のりです。

パレード自体は1時間ほど行われる予定なので、途中で止まって選手からのコメントをもらったりするイベントもありそうですね。

ラグビーワールドカップ2019日本代表ONETEAM感謝パレードオススメ観覧スポットはどこ?

さて、気になるパレードのオススメ観覧スポットを紹介していきます。

丸の内仲通り歩道の最前列

丸の内仲通りの歩道は比較的広く、歩道にいれば割とパレードを楽しむことが出来ます。

もちろん最前列が最も見やすいですが、後方でも楽しむことが可能です。ただ、木が植えられているので木の真後ろになるような場所は避けたいですね。

歩道が広いこと、木が生えていることが上の動画でお分かりいただけると思います。

時間勝負にはなりますが早めに行って、歩道の最前列が取れれば最高のポジションでパレードを観覧出来ます。

二重橋スクエア2Fのテラス

上のストリートビューの左前方にあるビルが二重橋スクエアです。

2Fから見られるので人混みを気にせず見られます。ただし、公道ではなくビルの共用部分なので注意される可能性があります。

お店も入っているので、配慮が必要です。

【二重橋スクエアの情報】

  • 住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビルB1F~2F
  • 電話:03-6551-2037
  • 最寄り駅:日比谷駅[B5]から徒歩約0分
画像名
もん吉

丸の内仲通りはオフィス街なのと、アパレル関係のお店が多いからご飯やお茶をしながらパレードを見られるような場所はあまりないね。

 オススメの観覧スポットをご存じの方はぜひコメント欄から教えて下さい!

まとめ

この記事ではラグビー日本代表ONETEAM感謝パレードの

  • コース(ルート)の地図
  • パレードのオススメ観覧スポット

について分かりやすく解説しました。

パレードのコース(ルート)は丸の内仲通り(有楽町電気ビル前~丸ビル前)で全長800m、歩いて10分ほどの距離です。パレード自体は1時間ほどで開催されます。

オススメ観覧スポットは2箇所。

  • 丸の内仲通り歩道の最前列
  • 二重橋スクエア2Fのテラス

です。

丸の内仲通りの歩道は早いものがちで時間勝負ですが、最前列が取れればかなり近くでラグビー日本代表選手が見られます。

二重橋スクエアの2Fのテラスは混雑を避けて見られる場所です。ただし、ビルにはお店も入っているため配慮が必要ですね。迷惑を掛けないように観覧しましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*