【映画】水上のフライトのモデル(元ネタ)となったパラカヌー選手は誰?名前や顔画像を調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、なおちょです。

2020年に公開予定の映画「水上のフライト」。パラリンピック開催時期と合わせての公開で注目を浴びている作品です。

主演はモデルの中条あやみさんで、不慮の事故方下半身麻痺となりパラカヌー選手として自身の道を切り開いていく女性選手を描いた映画です。

パラカヌー選手が題材になっていることから誰かモデルになっている人物がいるのではないかと思い調査してみました。

スポンサーリンク

【映画】水上のフライトのモデル(元ネタ)となったパラカヌー選手は誰?名前や顔画像を調査!

情報を調査してみると瀬立モニカさんという方がモデルになっていることが分かりました!

「水上のフライト」の企画・脚本を務めた土橋章宏さんが釣りをしていたときに、瀬立モニカ選手がたまたま通りかかって、興味を持ったことがきっかけ。

モニカさんにインタビューして見ると面白い話が聞けて、映画化を考えたとのことなんです!

土橋さんとモニカさんの出会いがまた面白い笑

――本作は下半身麻痺の少女がカヌーでパラリンピック出場を目指す物語です。モデルの方がいらっしゃるとか?

僕、もともと釣りが好きなんですけれど、ある時釣りをしていたらモデルとなっている瀬立モニカさんが、カヌーに乗って水上をバーッと通りかかったんです。「ん、なんか邪魔だな、なんだ?なんだ?」と思って(笑)。調べたら、すごい人だったんですよね。仲立ちしてくれる方にお願いしてインタビューをしてみたら、すごく面白い話がいっぱい聞けて。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/14179300/

釣りをしていたら通りかかって、邪魔だなとも思っていたんですね笑

気になる瀬立モニカさんの顔画像がこちら!

笑顔が眩しい、元気あふれるパラカヌー選手です!

瀬立モニカのざっくりプロフィールを紹介!

  • 名前:瀬立モニカ(せりゅうもにか)
  • 年齢:21歳(2019年8月現在)
  • 出生地:東京都江東区
  • 所属:江東区カヌー協会
  • ポジション・クラス:PKL1(パラカヌーカヤックのクラス1)

パラカヌーの日本代表の瀬立モニカさん。もともとは下半身に傷害はありまセんでした。

中学生の頃にカヌー部に所属していたこともあるカヌー経験者で、2013年には東京国体を目指していたんです。

しかし、モニカさんが高校1年生のときに東京国体直前で体育の授業中に怪我をしてしまい、車椅子生活に。

きっとこの時は悔しくてたまらなかったと思います。しかし、そこでくじけなかったモニカさん。努力のかいあってパラカヌーでも実力を発揮。日本代表入りを果たしたんです。

怪我から1年間、リハビリに取り組み2014年にはパラカヌーで競技復帰。

競技復帰から約2年で日本人選手第一号でリオデジャネイロ・パラリンピックで8位に入賞!

2020年東京パラリンピックで注目選手の一人です!

まとめ

この記事では映画「水上のフライト」のモデル(元ネタ)となったパラカヌー選手は誰なのか?を調査しました!

モデル(元ネタ)となったのはパラカヌー選手の瀬立モニカさんであることが分かりました。

「水上のフライト」の企画・脚本を務めた土橋章宏さんが釣りをしていたら、モニカさんが通りかかったという衝撃的な出会いから作成されたこの作品。

主演を務めるのは中条あやみさん。どんな仕上がりになるのか楽しみですね!

瀬立モニカさんについて調べてみると、もともと下半身に傷害はありませんでしたが、高校1年生のときに体育の授業で怪我をしたことが原因で下半身に傷害を負うことになりました。

もともとカヌー選手で東京国体を目指していたんですね。

傷害を追ってから1年でパラカヌーに競技復帰、翌年には日本人第一号でリオパラリンピックに出場し、8位に入賞した実力者です。

2020年の東京パラリンピックでは競技会場がモニカさんの地元の江東区ということもあるので、優勝目指して頑張ってほしいですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*